挨拶

安城市交響楽団 代表 坂田成夫

音楽の溢れる、子どもたちが生き生きと育つ街”を合言葉に2018年10月1日に安城市交響楽団は誕生しました。安城市交響楽団は演奏団体とサポーターが協力しあって生まれた楽団です。そして多くの団体や人たちと演奏を通じて交流していくことを願って生まれた楽団です。安城市の姉妹都市であるデンマークコリング市の音楽関係者とはすでに交流は始まっています。東日本の被災地の人たちからも交流を希望する声が届いています。
音楽が人を元気にしていく、人と人をつないでいく、それが平和な社会を創っていくことに繋がっていくということを信じて安城市交響楽団は社会と繋がった楽団をめざします。
安城市交響楽団は多くの個人、団体の方にサポーター登録をしていただいています。演奏者を資金面で応援していく組織づくりです。
安城市交響楽団のスタッフにはプロの演奏家も加わっています。そしてプロを目指して頑張っている若い人たちも多数指導に加わっています。スタッフの人たちには世界で活躍するプロになって欲しい、団員の方にはより高いレベルの演奏技術をもったオーケストラプレーヤーになって欲しいと願っています。
優れた演奏者は観客が育てるとも言われます。安城市交響楽団に集まるスタッフ、団員をぜひ応援ください。スタッフ、団員を応援することを通じてこの地にオーケストラという文化が根付いていきます。オーケストラという文化の熟成がまた優れた演奏者を育てます。
安城の地で生まれた交響楽団が“世界の子どもたちのあこがれの交響楽団になる、そんなことを夢見ながら末長く応援下さい。

副代表 鈴木俊也

皆様のご協力のおかげで、第2回定期演奏会も盛会のうちに終了することができました。
安城市交響楽団を支えてくださったエキストラ、合唱団、スタッフ、サポーター、関係者すべての皆様、そして何より会場にお越しくださったすべてのお客様に厚くお礼申し上げます。
オーケストラにとって「第九」は特別な曲です。その規模や曲の難しさ、声楽のソリストと合唱団を伴うこと、などもそうですが、それ以上に「第九」という曲が持っているステイタスはほかの曲にはない独特なものがあります。アマチュア・オーケストラにとっては憧れの曲であると同時に、楽団としての一つの到達ポイントを示す試金石のような曲でもあります。
今回の演奏会で見事に「第九」をやりとげたことは、楽団員にとって大きな自信と誇りになることでしょう。しかし安城市交響楽団はここで満足はしません。さらに先へ、先へと、より皆様から愛される楽団となれるように活動していきたいと思います。
ますますの皆様のご支援を、心よりお願いいたします。

指揮者 服部洋樹

安城市交響楽団の指揮者に就任して1年が経ちました。この楽団は創立演奏会でホルストの組曲「惑星」、昨年末にはベートーヴェン交響曲第9
番「合唱」を演奏いたしました。どちらも難曲ながら、団員達が一生懸命に取り組み見事な演奏を安城に残すことができました。オーケストラで演奏するということは、曲を通じて作曲家のことを知ることです。そして、作曲家を通じて世界を、世界を知ることによって自分を知ることができます。
1
つの曲の背景には作曲家の人生、世界情勢が反映され、それを演奏する私たちは自分の人生のように味わうことができます。そのため、オーケストラを演奏すると自然と胸が熱くなり、涙があふれ、そして笑顔になります。これからこの安城市交響楽団はさらに多くの曲に触れ、多くの感情や色彩を持つ楽団となることでしょう。これからも安城市交響楽団は安城、三河の芸術文化発展のために一層よい演奏をお届けできるように団員一同精進してまいります。

弦楽器コアトレーナー 金沢 紫

喜歌劇「こうもり」より序曲に続き、ベートーヴェンの交響曲第9番〈合唱付き〉をプログラムとした第2回定期演奏会が2019年12月28日(土)に無事終演致しました。

皆さんもご存知の通り、「第九」は演奏時間が約1時間におよぶ大曲であり、容易に演奏できる交響曲ではありません。しかし、地道に積み上げてきた練習の成果を各々が充分に発揮することができたのではないかと思っています。

小学生から大人まで、幅広い年齢層で演奏した「第九」でしたが、安城市交響楽団らしいフレッシュでエネルギーに満ち溢れた音をお届けできたと思います。ソリストの方々の華麗な歌声、第9特別合唱団の熟練された歌声、安城市交響楽団のサウンド、魅力を持ったそれぞれの音が重なり合い、唯一無二の「安響第九」をホールに響かせることができました。また、演奏者にとって、“お客様”は欠かせない存在です。今回の演奏会では、約1,000席の客席が満員になる程、たくさんのお客様にお越しいただきました。「第九」の第4楽章を弾き終えた時、会場には盛大な拍手が鳴り響きました。ブラボーの声も頂きました。体いっぱいに感動を表現して下さるお客様の姿を見て、胸がいっぱいになりました。そして、お客様の中に若い学生、子どもたちの姿が沢山あることに、安城市交響楽団のテーマ”音楽の溢れる、子どもたちが生き生きと育つ街”の可能性を感じました。

安城市交響楽団が発足して1年が経ちました。今回大きなチャレンジをした「第九」。舞台からも、そして客席からも熱気を感じた今回の演奏会で、安城市交響楽団が発足したことにより、安城の地に芸術文化が確実に、根付いてきているということを確信しています。

短い期間でこのプログラムをこなすことは大変ではありますが、常に高いハードルを設置することによって、個人の技術向上、団としてのスキルアップに繋げていきたいと思っています。

次回演奏会は3月29日(日)に開催します。曲目はレハールのワルツ「金と銀」。姉妹都市であるデンマークのコリング市にあるコリング音楽学校よりソリストをお招きしてメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲に続き、ビゼーの「アルルの女」第1・第2組曲をお届け致します。さらにグレードアップした安城市交響楽団を皆様にお届けできるよう、頑張って参ります。皆様ぜひお越しください。

最後になりましたが、皆様のお力添えで、昨年は2つの定期演奏会を無事終えることができました。2020年は3月、8月、12月に定期演奏会を開催予定です。安城市交響楽団の活動をご声援してくださるすべての皆様に心より御礼申し上げます。今後も益々応援の程、宜しくお願い致します。

管打楽器コアトレーナー 加藤 菜月

安城市交響楽団が誕生して1年が経ちました。昨年末の第二回定期演奏会にて、私たちはベートーヴェンの交響曲第九番を演奏し、大きく前進しました。現在は、3月29日(日)に開催する第三回定期演奏会に向けて練習に励んでいます。
このオーケストラの魅力として、子どもから大人まで年齢に関係なく皆が一緒に演奏出来る楽団であること、日頃の練習からプロの演奏家の指導を受けられることの2つが挙げられます。幅広い年齢層の団員とトレーナー、指揮者が一丸となって音楽を作り上げるので、ただ楽しく演奏するに留まらない、高いレベルを求めることが叶うオーケストラとして成長し続けることが出来ます。

日頃より安城市交響楽団を応援してくださる全ての皆様へ、心より感謝申し上げます。私たちの演奏を聴いて憧れを抱いた子どもたちが楽器を始め、いつの日か一緒に演奏出来るようになり、この安城市が音楽の溢れる街になることを夢見て邁進致します。
是非、私たちのコンサートへお越しください。そして、私たちの演奏を通して音楽の時間をお楽しみください。